学生の方、未成年の方が契約するのに必要なもの

月額制全身脱毛で人気の脱毛ラボでは未成年の方、学生の方の施術も行っていますが一般社会人の方と同じ書面だけでの契約をすることはできません。
学生の方や未成年の方が脱毛の契約をするには親権者の方の同意書が必要となってきます。ここで同意書が必要なのには2つの理由があります。

一つは法律上定められているものであるという点です。
これは民法第5条に定められており、学生の方、未成年の方は判断力が未熟であるとされ、「法的制限者」となります。
法的制限者が契約をする際にはその後見人となる法的代理人の同意が必要となります。
その意思を表すのが親権者の同意書になります。

この書面は非常にシンプルであるためになりすましで作ることも出来てしまいますが、なりすましての作成は私文書偽造の可能性があり、該当してしまう場合には刑事罰で「1年以下の懲役又は10万円以下の罰金」となる可能性がありますので必ず親権者の方に作成してもらいましょう。

もう一つの面としては親権者の方に知っておいていただくことでトラブルの際にスムーズに対処することができる為です。
トラブルの際にはドクターサポートが用意されていますので、その際には保険証などが必要となることもありますので親権者の方としっかり話し合った上で契約をしましょう。

この記事に関連するコラム

【脱毛ラボVSミュゼ】全身脱毛の総額料金が安いのはどっち!?

 脱毛サロンでのムダ毛処理を考えている方、今ではたくさんのサロンがあるので、どこが良いのか迷ってしまう方も多いかと思います。そんな方におすすめしたいのが脱毛ラボです!人気モデルが広告に出ているなど口コ...続きを読む

【2018年】脱毛ラボの乗り換え割なら最大10万円以上お得に通える!

 他のサロンに通っているけど効果がイマイチ…。なんだか満足できない!とお悩みの方はいませんか?そんな方におすすめしたいのが脱毛ラボ!他サロンに通っている方なら、のりかえ割キャンペーンを利...続きを読む

【2018年最新】脱毛ラボのキャンペーン

 2018年現在、毎月超お得なキャンペーンを実施している脱毛ラボは顔やVIOの全身56ヵ所の施術ができて月額1,990円と他社と比較しても圧倒的な料金の安さです。脱毛ラボの最新キャンペーンを見て行きま...続きを読む