ムダ毛処理をすると体質も変わる?

脱毛サロンの脱毛ラボでは全身脱毛を行っています。全身脱毛は秘奥に料金が高いイメージがありましたが、分割して月額制にすることでどなたでも気軽に全身脱毛が出来る用になりました。この方式を業界で初めて取り入れたのが脱毛ラボです。
脱毛ラボで全身脱毛をすると脱毛の効果以外にも様々な効果が上がったという噂を聞いたことがありませんでしょうか?脱毛の施術はあくまでも脱毛の施術ではありますが、確かに副作用的に別の効果が出ることはないとは言えません。
そこで今回は脱毛をすることで体質が変わったり、別の効果が出たり、という噂をいくつかピックアップして検証してみたいと思います。

1.脱毛をするとニオイが軽減するという噂
例えばワキなどは特にあるお話ですが、ニオイが気になるという方はいらっしゃるのではないでしょうか?このにおいと脱毛に関しても様々なうわさがあります。
インターネット上の口コミでは脱毛完了後にニオイが軽減したという噂もあれば、ニオイが強くなったという噂もあります。なぜこのような両極端なお話が出てしまうのでしょうか?
そこでこのことを少し細かく分析してみたいと思います。まず、ニオイの原因を分類します。ワキのニオイは大きく二つの種類に分類することができます。
まず一つはいわゆるワキガです。もう一つは細菌が出すニオイです。
この二つについて考えてみます。

■ワキガは脱毛するとどうなるのか
まず、ワキガがなぜ出てしまうのかという点を知っておかなければなりません。ワキガの原因はいくつかある汗腺の中の一つ「アポクリン腺」から出る皮脂を細菌が分解して出来てしまう物質によるものです。
ワキガというのはどんな方でも多かれ少なかれあるものなのです。そのニオイの強さはどこに影響されているかというとアポクリン腺の数の影響が最も大きいのです。
そのため、クリニックなどでもワキガ治療もアポクリン腺を減らす手術になってきます。レーザー治療でのワキガ治療はアポクリン腺を焼切るための施術です。メスを用いる手術というのはもっとシンプルで、物理的に汗腺のある部分を取り除いてしまう手術なのです。
このような原理でワキガは出てきているのです。では、脱毛との関係について考えてみましょう。
脱毛の施術は毛穴の奥の毛母細胞や毛根などを熱で処理するものです。その影響範囲はあくまでもその部分だけで、汗腺への大きなダメージは与えられないのです。そのため、脱毛をしてもワキガの改善にはつながらないのです。

■細菌によるニオイは脱毛をするとどうなるのか
実はこちらのニオイに関しては改善する可能性があるのです。なぜならこの細菌によるニオイというのは汗に含まれる脂などをウィルスが分解した時に出るニオイです。つまり汗がとどまってしまうことで細菌が汗を分解する時間が出来てしまうのです。
ですが、脱毛をしてしまえばワキに汗がとどまらず、流れ落ちることでにおいが出づらくなるのです。

2.脱毛をするとお肌がキレイになるという噂
脱毛をするとお肌がキレイになるという噂があります。これは本当のことです。というのもこの効果を主眼に置いて脱毛するパーツもあるくらいです。
それは顔脱毛です。顔脱毛と聞いてまだあまり脱毛に詳しくない方はムダ毛がそこまでないのになぜ脱毛をするのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、買い脱毛をするとお化粧のりがよくなるだけなく、お肌がキレイになるのです。
そのため、非常に人気のパーツになっています。
ではなぜ脱毛をするとお肌がキレイになるのでしょうか?その説明をするためにはまず「肌がキレイ」であるということはどういうことなのかという定義をしなければなりません。
お肌がキレイに見える理由の一つに「キメが整っている」というものがあるでしょう。これはもう少し細かい話をすれば角質がきれいに並んでいるかどうかです。角質がきれいに並ぶのを邪魔してしまうのが大きく開いた毛穴なのです。毛穴からは毛が生えているためどうしてもその毛穴の太さが角質の並びを邪魔してしまうのです。
そこで脱毛をしてしまうことで毛穴が小さくなるためきれいなお肌になれるのです。
また、毛穴から毛がなくなることで毛穴付近の凹凸が抑えられて、影が消えます。その結果、くすみの改善にもなるのです。