トラブル防止のために覚えておきたいこと

脱毛ラボの脱毛はS.S.C.脱毛というという種類の脱毛方法を採用しています。このS.S.C.脱毛というのは脱毛前に塗るジェルが抑毛効果を発揮するのです。
そのため、小さな出力で脱毛が出来るため、安全に脱毛をすることができるのです。ですが、その安全な脱毛はあくまでも施術中のお話です。脱毛の施術は施術後にもトラブルは起きてしまうのです。
施術後のトラブルというのはサロン側だけの努力でどうにかなるものではありません。脱毛を受けた方もしっかりと安全な施術を受けるためには注意事項をしっかりと守る必要があるのです。
そこで脱毛後のトラブルが起こらないようにするためにはどうしたらよいのかをまとめてみたいと思います。

1.どのようなトラブルが起きてしまうのか
トラブルを未然に防ぐにはどのようなトラブルが起きてしまうのかを知っておく必要があります。
そこで脱毛後のトラブルの一例をあげてみたいと思います。

■やけど
ヤケドのトラブルというと脱毛のトラブルの中でも最も思いだされるトラブルではないでしょうか?
脱毛のトラブルのニュースというのは数年に一度大きなニュースが出てしまいますが、その際にも必ずと言っていいほど関わってきてしまうのがヤケドです。
ヤケドというのは施術中にも起こりますが、施術後もそのやけどが急にひどくなってしまうこともあるのをご存知でしたでしょうか?
実はやけどのトラブルも脱毛後のアフターケアで大きくそのリスクを下げることができるのです。脱毛後にご自分で行う保湿ケアをしっかり行うことでそのリスクを下げることができます。

■毛嚢炎
毛嚢炎というのはあまり聞き覚えのない言葉かもしれません。ですが、この毛嚢炎というのは想像しているよりも恐ろしいことなのです。毛嚢炎というのは毛穴の中で細菌感染が起こり、炎症や化膿が起きてしまう症状です。
ヤケドがひどくなったところに細菌感染が起こってしまったとしてもこの症状になってしまいます。
この症状は細菌感染が原因ですので、お肌を清潔に保っておくことが大事なのです。

2.注意事項
脱毛後のトラブルを防ぐには無料カウンセリングでも必ず話をされる注意事項をしっかり守ることが大事です。
その注意事項の代表的なものをご紹介して見たいと思います。

■脱毛後の運動は厳禁
脱毛をした直後の運動は絶対に避けましょう。普段であれば体に良い運動も脱毛直後には大きなトラブルを引き寄せる引き金にもなりかねません。
なぜ運動が厳禁なのかというと、それは二つの理由から説明ができます。まず一つ目の理由からご紹介します。一つ目の理由はなんといっても運動をすると汗をかいてしまうということです。
汗というのはお肌の表面の細菌を吸着してしまうのです。その細菌を吸着した状態でお肌の表面を流れて、脱毛したパーツに触れてしまうとそこで細菌感染が起きてしまうのです。
そうならないためには汗をかかないことが大事です。運動してしまうとどうしても汗をかいてしまいますので、感染のリスクが上がってしまうということなのです。
そして、もう一つは体温が上がってしまうということです。脱毛後には軽くやけどを負った状態です。その状態で体を温めるというのはやけどをひどくしてしまう要因になってしまいます。

■脱毛後の入浴について
脱毛直後の入浴にも十分な注意が必要です。脱毛直後に入浴するというのはあまりお薦めできませんが、シャワー程度であれば問題ありません。
ですが、湯船に入るというのは絶対に避けましょう。湯船に入ってしまうと体温も上がってしまいますし、汗もかいてしまいます。これは先ほどもお話した通り、脱毛後のトラブルのリスクになってしまうのです。
しかも、湯船の中のお湯には細菌が非常に多く存在しています。その細菌が脱毛したあとのデリケートなお肌に触れてしまえばそこで細菌感染が起きてしまう可能性があるのです。

この記事に関連するコラム

毛嚢炎はなぜ起きるのか

脱毛ラボではS.S.C.脱毛という脱毛方法で全身脱毛を行っています。この方法はジェルにも脱毛効果があるとてもお肌にやさしい脱毛が出来ますが、それでもフラッシュ脱毛であるため基本の部分は変わりません。 ...続きを読む