妊娠中に施術が出来ない理由

妊娠・出産といえば女性にとっては非常にうれしい出来事ですね。
それ自体はとても良いことなのですが、実は妊娠中と出産後しばらくは脱毛が出来ないのです。

妊娠がわかったらすぐに脱毛ラボの店舗に連絡をして休止の手続きを取りましょう。
手続きが間に合わないときはキャンセル分の回数をむだに消費してしまうことになります。

また、なぜ脱毛ができないのかというと脱毛ラボでは全身脱毛がメインであるためお腹の中の大事な赤ちゃんに悪影響がある可能性があるからというわけではなくあくまでもホルモンバランスの問題です。

妊娠するとホルモンバランスが崩れ、毛の質や量に影響が出ることがあります。
そのため、妊娠期間中に脱毛を行っても通常通りの効果が期待できないどころか、脱毛をしても体質の変化による発毛の方が早く、逆に毛が濃くなったように見えてしまうこともあるのです。

そのような状態になったとしても回数は消費されてしまいます。そんあむだな脱毛をしないためにも妊娠がわかったらすぐに店舗へ連絡しましょう。
休止期間中に特別な料金がかかることはありません。

この記事に関連するコラム

施術できないケースの例

脱毛ラボの施術は非常に安全なことでも人気です。なぜそのようなことが言えるかというとそれは脱毛ラボの採用している施術方法がS.S.C.という方法で行っているからなのです。 このS.S.C.というのは脱毛...続きを読む

妊娠をした場合には施術ができない?

脱毛サロンの脱毛ラボでは1年間の期間をかけて全身を6回ずつ脱毛していきます。一般的な脱毛サロンでは3カ月に1回程度しか脱毛の施術が出来ないため1年半から2年程度の時間がかかってしまいます。 ですが、脱...続きを読む