やけどのトラブルが起こってしまうのはなぜ?

月額制全身脱毛の脱毛ラボの脱毛はフラッシュ脱毛の一種であるS.S.C.脱毛という方法で脱毛をしていますが、そのS.S.C.脱毛というのはお肌にとても優しい脱毛方法です。
なぜならS.S.C.脱毛法というのはフラッシュ脱毛の施術を行う際にお肌にお肌を冷やすためのジェルを塗ってその上から脱毛機の光を当てていくのです。
そのため脱毛中のお肌へのダメージが非常に少ないのです。このS.S.C.脱毛法以外でもフラッシュ脱毛ではジェルを使用している脱毛方法も多々あります。
ですので、安全な脱毛が出来るのです。
ですが、時々テレビなどでも脱毛のトラブルは耳にすることがあります。安全な脱毛機を使用しているにも関わらずなぜ脱毛のトラブルが起きてしまうのかという疑問がわいてきますよね?
そこで今回はなぜトラブルが起きるのかというところを少しまとめてみたいと思います。

1.どのようなトラブルがありますか?
まず脱毛のトラブルで最も多いのはやはりやけどです。サロンのフラッシュ脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛ではやはりやけどのトラブルのイメージが強いかと思います。

2.なぜやけどのトラブルが多くなっているのか
これにはいくつか理由があります。まず、お肌と脱毛機の相性です。
サロンで行われているフラッシュ脱毛というのは実は医療レーザー脱毛と同じ原理で脱毛をしています。その原理はお肌に強力な光を当てることでその光を黒い部分が吸収して熱を発生させます。
その熱が毛根や毛母細胞など毛の成長を阻害して脱毛をしていきます。
では、クリニックの医療レーザー脱毛とサロンのフラッシュ脱毛は何が違うかというとそれは光の出力です。そのため、効果にも違いがあり、サロンの脱毛機では永久脱毛はできないのです。
ですが、その反面安全性は非常に高いのです。

安全性が高いのになぜトラブルが起きるのかというと光にも色々種類があります。医療レーザー脱毛というのは永久脱毛の効果が認められる光が限られていますので、数種類しかありません。
ですが、サロンの脱毛機は非常に多くの光を使用します。その理由は効果を強くすることや安全性のためです。
ところが、それだけの種類の光があれば当然すべての方のお肌に合うというわけではなく、ごくまれにお肌に合わない光というのも存在してしまいます。お肌に合わない光というのは効果が出ないだけでなく、逆に強く出過ぎるということもあります。
そのようなときにやけどが起きてしまうことがあるのです。

また、これは稀なケースですが、実際に2014年にあった事件です。
先ほどから触れていますが、クリニックでしか使用できない医療レーザー脱毛機をどこからか仕入れてきてサロンで使用した結果やけどのトラブルを起こしてしまうということもあります。
医療レーザー脱毛機は出力が非常に強いためしっかりとした研修などが必要です。メーカーがサポートできないサロンで使用してしまえばこのような結果は目に見えてわかります。
このようなことはめったにありませんし、脱毛ラボでも使用している脱毛機は公開しています。そのため大規模なサロンではこのようなことは絶対にありませんのでご安心ください。

3.トラブルに遭わないために
実はこのようなトラブルは施術中だけの問題ではありません。脱毛後に注意事項を守らずに生活していると後からお肌にトラブルが出てしまうということもあります。
脱毛後の生活に関してはサロンの無料カウンセリングで必ずお話があります。しっかりと覚えておきましょう。
もしこの注意事項を破って生活しているとお肌に細菌が感染してしまい、赤みや腫れトラブルが起きてしまうことがあります。
具体的にはお肌にストレスを与えないことと、夏に特に注意なのが日差しです。脱毛後には日差しの強いところに出るのはやめましょう。

この記事に関連するコラム

月額制と回数パックは完了期間に大幅な違いあり!

 全身の脱毛をするうえで、脱毛ラボには月額パックと回数パックがあります。それぞれにメリットデメリットがあります。スピード重視で、早く施術を終わらせたい回数制の方が良く、ある程度の期間がかかってもいい場...続きを読む

無料カウンセリングから施術までの流れ

 脱毛ラボは、ほとんど痛みを感じない施術が可能なため、施術に関するストレスを感じることなく通うことができるでしょう。また、料金体系やコースも様々ですので全身脱毛をしたいと思われている方から、部分的に施...続きを読む

新宿店の効果は?

 自分で処理がしにくかった背中やワキのムダ毛の処理が面倒に感じていました。そこで、脱毛ラボの新宿店に行きました。事前にカウンセリングをしてもらったので、どのようなプランがあるのかも分かりやすかったです...続きを読む